同僚『奥さんらしき人が男と一緒にいたぞ』(まさか~)後日、姉から『嫁ちゃんとしらない男が歩いてた』と写メ付きメール←ホテル前で手を繋いでた・・・

引用元:http://hayabusa.open2ch.net//test/read.cgi/news4vip/1396512190/   二年前の夏、私が出張中にメールが来ました
「今日は○○ちゃんといっぱい夜遊びできるねハート」
出張してるのにおかしいし、なにより○○ちゃんって呼ばれてないし
「どうしたの?」って送ると
「ごめん 間違えた、高校の時の友達とメール間違えた」
最初はすこし変だなと思いましたが
俺の出張中は友達と遊ぶって言ってたし、それかなと思い
「あんまり遊びすぎるなよ、すぐに帰ってくるから」
「はーい すぐ帰ってきてね さみしい」
みたいな感じでメールは終わりました
出張から帰ってきてしばらくたったある日
入れ違いで出張をして帰ってきた仲間から
「おい お前の奥さんらしき人がお前の出張中、男と一緒にいたぞ」
その男からケータイの写真を見せられました
知らない男と妻が手をつないでる・・・
そこから忘れましたが泣いたらしいです
「で、どうするの?」と同僚に言われました。
正直、あきらかに浮キでしたが信じられず
「見間違えかもしれない」とわけわからん事言いました。
「だから どうもしないし どうするって何するの?」
みたいなこと言いました。
そしたらその同僚にぐーでパンチ来ました
「好きなんだろ 好きならけじめつけろや おれも味方するから」
と言われ、また泣きました
とりあえず妻は好きだ、でもしっかりと浮キの現場を見たい。
そしてから決める、と決断しました
家に帰ると妻が「お疲れ様 今日のごはんはとんかつだよ」と。
その時に限ってとんかつ・・・とんかつは一番好きなものです。
「ありがとう 今日もご飯ありがとう」
妻が浮キすることはない。そうあらためて思いました。
さらに月日が経ちました。
このころから妻があるニコニコの人を好きだと知りました
ニコニコが好きなのは知ってましたが
特定の人が好きなのは初めて知りました
ある日姉貴からメールが来ました
「嫁ちゃんとしらない男が歩いてた」
と、また写真付きで・・・
ラブホの前で手をつないでる二人。
うれしそうな妻の顔。なんでだよ
同僚に話をしました(とりあえずこの同僚をかわいがもんににてるから我聞にします)
我聞「やっぱり けじめをつけろよ これはクロだ」
我聞はなぜか俺以上に怒ってました
正直まだ妻が好きでした。でももう妻は浮キをしてると確信しました
でも「もうちょっとだけ待ってくれ」といい
我聞は「、、、、、分かった、でも早くしろよ」
数日後、姉貴からメールが来ました
「あと一時間で家これる?」
仕事終わりに姉貴の家にいくと姉貴1、姉貴2、兄貴(ホm)がいました。
そして姉貴が「大きなお世話かもしれないがこれを見てほしい」といい写真を見してきました。
そこには浮キしている嫁の写真がいっぱい
「ごめん、こんなことして、でも気になったから」
と、姉は知り合いの探偵に頼み嫁の浮キ現場を調べていたらしいです
とりあえず家族会議をしたいらしいから呼んだらしいですが
それどころじゃなく泣きました。とりあえずまた帰りました
次の日我聞に言うと「、、、そっか」とだけ言いました
嫁の本当のことを知りたい。みんなで俺をだましている。と思い、ある賭けに出ました
出張とだまして家にカメラを置き、家を空けました
俺「明日から出張だから」
嫁「えー、さみしいよー」
よめは絶対浮キをしない、しない、しない、と思いました。
嘘出張から嫁がいない間に帰ってきてすぐにカメラを見ました。
はっきり言うと黒でした。やってました。
セクースとやらを、俺ですらしばらくできなかったのに浮キのセクースとやらをしてました。
この瞬間俺は鬼になりました
とかいったら中二みたいですが、まじで鬼になったと思います
そのご、録音機を数個買いました
嫁は「さみしかったよー」と言ってきました
嫁にセクースとやらを頼みましたが、ことわられました。
浮キ相手はおk俺はダメ、一応断られたのを録音しました
のちのち役に立ちました
その後、我聞にはなすと
「知り合いに弁護士で働くいてるやつがいる」
といわれ、念のため仕事帰りに行き浮キ関係で仕事を頼みました
弁護士にも当たり前ですが証拠を見せました
証拠を見せた途端なぜか俺は泣きました。
しばらくすると間男はニコニコの人だとわかりました。
嫁のパソコンとスマホを調べるといっぱい出てきました
ちなみに嫁のパソコンもスマホも俺の生年月日というのは
べたすぎて嘘くさいし釣りっぽいですが俺の生年月日でした。
なぜかちょっとうれしかったです。
スマホのメールはセクースとやら嵐
「昨日は三発ww」とか「野外○○」とか「旦那さんザマァwww」
ちなみにハメ撮りとやらもありました
パソコンの履歴は間男だらけ一応すべて証拠にしました
相手が分かったからもういっきに勝負にでようと思いました
とりあえず嫁の父母の家に行き、証拠を見せました。
結論から言うとこいつはクズでした
父はまともでしたが、嫁母はクズでした
嫁母「家の娘がそんなことふじこふじこ」
「あんたが悪いウチラは関係ない!リ婚するな嫁に謝れ!」
と言わ塩をまかれました。一応録音しときました。
これはちょっといろいろやばいかなと思いましたが
あのクズ(嫁母)は嫁に連絡とかはしてませんでした
何とかセーフでした
次にうちの両親と姉兄にも言いました。
父「俺はお前の味方だ、絶対に」
母は泣きました。
マザコンではないですが母が泣くのはつらかったです。
父「で、どうするんだ」
俺「分かんない」
父「リ婚か?続けるのか」
俺「分かんない」
父、俺をナグる。
父「じゃあ何がしたい」
俺「嫁が好きだ」
父「リ婚するのか」
俺「嫁が好きだ」
の押し問答?会話になってないのはごめんなさい。
正直ここまで嫁が好きだったとは、
とりあえず父は
「いいか、俺はお前を男にするために育ててきた」
「何をするにも自由、悪いことするのも、、まぁ、自由だ』
「誰を好きになるのも自由だ」
「でもな、好きな相手だからと言って自分の中に閉じ込めるのは自由じゃない」
「それも愛かもしれない、でも困ってたら手を貸すように間違ったらひっぱたくのも愛だ」
「お前は好きかもしれない、でもそのまま胸に秘めて一生生きるのか?」
「好きなら叱って来い。それこそが愛だ」
「好きならばこそだ。それがけじめだ、それが男だ」
今でも一字一句いえる父の言葉にやっとけじめがつきました
ありがとう父さん、でも臭すぎるし嘘っぽいよ
間男を見つけました、もう止まりません
実家に 嫁 間男 嫁両親 弁護士とか 姉兄を呼びました
嫁と二人で実家へ
実家には父と母と姉姉兄の五人が横並びに
「何、どうしたの?」と嫁。
「ちょっと待っててな」と俺
しばらくすると嫁両親が来ました。
嫁「何々?どうするの?みんな集まって」
正直まだ決心がつきませんでした。まだ好きでした。
この浮キの証拠を見逃す気もありました。でも言いました。
「これは何?」と妻と間男が浮キをしている写真、メール等々
妻の顔は一切動きませんでした。
それを見ていたクズ(妻母)は何故か嬉しそうでした。
俺が謝るとでも思ったのか?
嫁「違うの、違うの、違うの、、、、、」
俺「何が違うの?」
嫁「違う、、だって、うそうそうそ、、、、」
嫁はパ二くってました。これはたまたま、全部違う
多分10分くらいいってました 違うって
>>妻母はなぜそんな余裕あったの?
浮キは旦那が悪いという考え方の持ち主らしいです
10分パニックして言った言葉が
「大丈夫だから、また俺君がいればまた大丈夫だから」
「またやり直そう?私は許すから、ね、許すから」
「こんなことしても許すから、二人で乗り越えるんだよね困難って」
正直、すぐに謝ればすべて水に流すつもりでしたが
この瞬間、嫁への愛はなくなりました。
こんな女を愛していたこと。こんな女もかばったこと。
こんな女がいること。もうすべてにたいして嫌悪感でした。
嫁、もといクズ子はしばらくこんな風に
「私は悪くない でも私は許すから うんたらかんたら」
「こんなこともある、これが夫婦の壁なんだよ、嫁は許す、旦那は、、、、」
みたいに。正直一切聞いてませんでした。
なんならこんなクズ子と付き合ってて間男がかわいそう、とさえ思ってきました。
もうこいつからいくらお金をもらおうか、としか頭にはありませんでした
ここまではクズ子無双でしたが
ここからはクズ母無双です。
「ほら、こんなに子クズちゃんが許すといっているんだし俺さんも謝ったらどうです?」
「だいたいあなたが大したことない男だから浮キされたんでしょ?」
「それを許すクズ子ちゃんはやさしい。
 逆に私からすれば浮キすることになってごめんなさいでしょ」
「だいたい、、、、、、」
30分のクズ母無双。クズは遺伝って分かるんだね。
ここで分かった。なんであんなにこいつがうれしそうだったか
そしてここで衝撃カミングアウト
「私だって浮キしてんだから」
ちなみに全部録音してましたから。
嫁父(厳しくて怖いけどいい人)は驚くよね。
クズ母「女は浮キをする特権がある、浮キをして、、、」
とどこかで見たような浮キのコピペみたいなことをリアルでいう人初めて見た。
とりあえずらちが明かないので間男登場、弁護士が口をはさむ。
弁「とりあえずクズ子さんは浮キをしたことは間違いない?」
クズ子「違うの、違うの、、、、ねえ、間男」
間男「そうさ、僕らの愛は本当なのさ、こいつ(俺)みたいな愛じゃなく本当なのさ」
「こいつみたいなダメ人間にクズ子ちゃんを渡さない、僕らが本当の愛だ」
間男、登場2秒ですごいこと言うなぁと関心
ちなみに俺はダメ人間じゃないぞ
やっぱあげるわ、そのクズ子、クズ同士ピッタリ
こんなやり取りが間男とクズ子で10分
とりあえずあきたので弁護士に言わせる
弁「とりあえず、俺さんはあなたたちから800万円と、、、」
間男、クズ母、クズ子「え?」
そりゃ驚くよね。まあ、そんなに取るつもりはないが。
クズ母切れる
「だから、クズ子ちゃんじゃなくて俺さんがおかねを払うあ、、、、」
間、クズ子、茫然。
子父。違う意味で茫然(おそらくクズの浮キが今頃きたみたい)
そういえば間男のスペック忘れてたが
20代 ニート 親のすねかじりで将来はビッグになる、らしい
クズ子「、、、、私が許すといってるのに、なんで私がお金を払わなくちゃ、、、、」
間「そうだよ、ホントの愛をしてたのになんでおかしい、逆に訴えてやる」
もう、、バ力だな、逆切れってすごい
このころのクズ子の顔はもう醜すぎる
ちょっと前までかわいいとおもってたし、かわいかったし、でも醜いなぁ
弁護士「じゃあいいんですか?裁判で証拠もありますし、絶対に勝てませんよ」
そしたら間男
「それは嘘だね、こんな証拠じゃ勝てない、僕は知ってる」
「天才だし なんならこんな証拠はこうだ」
プリントしたメールやら写真やらを破っちゃったー
みんなビックリ、おれもびっくり、いちおうカメラに取ってるんだよな
でも弁護士は眉ひとつ動かない。すげぇ。
ここで思ったのだが、間男って20代なのに精神年齢がクソガキなんだなとおもう
クズ母「破っちゃえ 破っちゃえ」と全部破る。
もちろんコピーだし、元本どころかまだデータはいっぱいある。
弁「そんなことすると裁判でまけますよ」
母「証拠がないー」
弁「カメラに取ってます」
母「ふじこーーーー」
間「ふじこーーー」
嫁「分かった、謝るからごめんなさいごめんなさいごめんなさい、、、」
もう地獄、しかし子クズの父が立ち上がる
「うるせーぞおめーらーーーーーー」
とキレ、嫁と義母にびんた、間に殴り掛かって辞める
義父土下座
「すまない いくらでも払うリ婚もする、ホントにすまない」
父が謝るってコピペみたいと思ったね のんきに
俺「義父さんは関係ないです、クズ子さんが払わないと意味ないです。でもありがとうございます」
おそらくこの人が一番かわいそうだなとおもった
まとめると俺と嫁が結婚したのは、俺がやさしいのと
趣味が合った(アニメ)のと(一番重要)金持ってたこと
いろんな株やってそこそこ儲けたし
最初会社員といったが実は我聞と数人で共同で会社作ったんだよね
まぁ、儲け自体はそこまででもないが正直貯金はあった。そこに目を付けたのが嫁。
俺、趣味があにめと野球しかなかったから金あんま使わないし最初はみんなに反対された
「金目的だ」
でも金目的でもよかった、それだけ嫁を愛していたし嫁も俺が(金が)好きだった
だけどつまらなかったらしい
まあ、かるい女性恐怖症だしブスだし
そこでニコニコ動画を見つけた、そこで間男を見つけた、初めての感覚だったらしい
そこで間男にはまり、実際に会うことになり浮キはじめた。
だけどあくまで浮キ、ホントに愛しているのは俺、さっきホントの愛とか言ってたのにな
嫁「だからもう一回だけ、もうしないからもうしないから」
浮キ女のテンプレってほんとなんだね
もうしないって一度もしてほしくないし、あれだけ束縛してのに自分は浮キか
嫁「しかもうちセクースレスだったし」
俺「うそつけ めちゃくちゃしたかったのに2回しかしてねえぞ」
嫁「でも帰り遅かったし」
俺「社長特権で家で仕事できたから毎日5じ30には帰ってたぞ」
嫁「仕事優先、、」
俺「お前か好きだったから仕事もしたし、なんならお前以上のものなんてなかった」
 「もういいやどうでも、なんか言い訳言ってるけど
  とりあえずなんとか話ができる間男とお話しようか」
間「裁判になったらどうなりますか?ニコニコできますか?」
 「俺のイメージ傷つきますか?ごめんなさい」
 「でもお金はないです、なんとかただにできませんか?」
俺「無理です弁護士とか探偵とかそこそこかかってますし」
間「じゃあ せめて 減額して下さい」
俺「弁護士さんが言うお金で何とかしてください、、、、」
結局、ニコニコのおれのイメージが悪くなるから
絶対に俺の名前をさらさないなら金を払うという
何とも偉そうな態度をとりつつもえ大変なので間の両親よぶ
二人ともかなり高齢、こんなやつがパラサイトしてたかと思うとかわいそう
なんとか説明して「私たちが払います」と言われる。
なんとか「それはだめです、間に払わせて」という
 間男の条件
・ネット禁止
・一人暮らしをはじめる
・分割でもいいから300マソ払う
・俺に近づかない
・嫁はやる
 俺の条件
・ネットには間男のファンはまだいるしニコニコや「間男」のイメージが悪くなるから
 「間男」の名前を誰にも言わないさらさない
間「ひとりじゃくらせない親は養う義務がある」
 「ニコニコないとタヒんしまう300なんてむり」
とわーわー騒いでいたが両親も愛想突いたのかグーでぱんち
嫁「ごめんなさい ごめんなさいごめんなさい」ずっとこの調子 もういい
 子の条件
・分割でもいいので300
・俺に近づかない
・親には一円も出させない
・連絡もだめ
・リ婚についてなら俺から話す
等 嫁は泣き、別れたくない むり お金なら払う でも別れたくないみたいな感じだった
とりあえずその日はもう終わりです。
間男は最後まで
「ニコニコのファンが待ってるのに俺の世界がーーー終わりだ―――――」
と叫びあばれましたが、兄ちゃん(まっちょ)につかまりました
間男は両親と帰りました
嫁は「お金は払う、でもあいたいからお金のことはサインする」とまとめ帰りました。
その後は無事リ婚しました いえーい バツイチ
今までのことをすべて我聞等友人に話しました
我聞には感謝しきれないくらいなので奢ろうかなと思ったのですが
我聞の第一声が「お疲れ」だったのはイケメンでした
女遊びってこういうことなのかテレビの誰よりイケメンだなぁ
リ婚後しばらくたち仕事も順調、友達もそこそこいるみたいな日々が続きました
いつもと同じ日々でも嫁はいない、あと女性コワい
それ以外は特に変わらずな日々でした
あと女性恐怖症が再発しました、といっても病院に行ったわけじゃないし
ただ女性ってこわいなとおもうことが増えました
仕事が順調でかなりお金も入ったので、いいところへ引っ越しました
その三日後、大雨で家に帰ると家の玄関の前に一人の女性
オートロックなのに玄関の前で体はずぶ濡れ
泣きまくってうつむいてる元嫁でしゅ
ゆっくり後ずさりしようとしたらばれました
目が合い、ゆっくり近づく元嫁、動けねえ
「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」
ダッシュでにげて大家さん?か管理人さんらしき人に応援を頼みましたが
帰ってくると誰もいませんでした
家にゆっくり入って一時間ぐらい家探ししましたが元嫁はいませんでした
そんな事が10回はありました
K察などに言いましたが、しばらくすると現れませんでした
とりあえず弁護士さんに相談すると、いろいろ省きますが
「本気であえなくなるよ」みたいなことを元嫁に言いました
ふと思い出したので少し戻りますが
義父と義母はリ婚しました、義父は元嫁とも縁をきったみたいです
なんとか裁判で勝ち、そこそこいいお金をもらったみたいです
間男両親はバ力息子がいなくなってすっきりしたみたいです
数少ないいい人たちはそこそこ幸せになりました
あと去年の春、元嫁から電話が来ました
金の無心と間男から助けてくれみたいな話です
「間男から金の無心された 助けて」
「あともう別れたのに恋人面してうざいし暴カされた」
「たすけて、もういちど助け合おう」
恋人面してうざいのはおまえだろといって逃がしました
ガチでK察に言うよと言っときました
なんでこのスレを立ち上げたかというと
ちょっと前に元嫁とまた出会いまして
包丁だして「私をコロしてくれ」と言われました
K察に連絡して元嫁はつかまりました
いろいろのめんどくさいことが終わりましたのでその記念に立てしました
くぅ疲れました~これにて以上です!
このスレでいいたかったことは
最初、結婚は墓場だと思っていたけど嫁に出会って変わりました
結婚って最高だと、でも結婚は当たり前ですが相手が必要
その相手がクズなら結婚もダメになる
今でも正直好きだし、いろいろ片付いたけど、まだダメージはでかいです
こんなどこにでもある浮キくそ普通スレを見てくれてありがとう
吐き出したら割と楽になりました 優しい人ばかりなんですね
フェイク二割ぐらいでお送りしましたので矛盾とかあったりしますがだいたい事実です
ありがとうございました