日曜日、帰宅した妻の左手に指輪がなく、俺『指輪は?』妻『久しぶりのお出かけだったから独身気分を…』→甘えた声で何かごまかしてる様子・・・

7月のとある日曜日、妻外出から帰宅(朝から夕方)
左手の定位置にケコーン指輪がない←キッチンで確認
お着替え後…指輪左手の定位置に
俺、あれっ?
一度気になりだしたら、やっぱり気になる。
夕食後、指輪のことをさり気なく聞いてみた。
妻一瞬八ッ、、、突然甘えた声で俺に絡みつく。←非日常行動…
「久しぶりのお出かけだったから独身気分を…」だそうです。
妻の行動に乗じて、営みにもち込むも激しく拒否…撃沈
俺…42 妻…37 子ナシ(妻事情)
知合いの紹介後、一年でケコーン
ケコーン7年 俺…会社員 妻…専業主婦
1、5年ほど前からレス気味。
  たまにお許しがでてもほぼマグロ。俺、心が折れそう…
2、営み以外で夫婦仲はいいほうかも、会話量多し。
  共通の趣味で1〜2回は友人夫婦とプレー
3、日中は、ゴルフレッスン・エアロビ・妻友たちと昼食など。
4、基本的に夜外出はしない。妻友たちの飲み会でも車での送迎を頼まれる
7月以降、家電は怪しまれない程度にチェックしてる(俺、非通知で)
今のところ シロ。クロだったら、リ婚かな。
情けないが、まだ決めかねている。だから決定打がほしい。
テンプレ・チェック
①携帯電話…お互いにロックナシ。閲覧自由(シロ
②家電…過去、昼に電話したが何回か不在だった。
 妻曰く、昼食会だったらしい (灰
③PC…いくつかのブログを運営。妻PCはリビング。
 こちらも閲覧自由。履歴・クッキー問題なし(シロ
④車…免許はあるが、運転できない。
 過去の自損大破事故がトラウマ。もちろん ゴールド(笑
⑤家事…ケコーン当初から変.化ナシ。ほぼ完璧。(シロ
⑥下着…昔から少し派手、変化なし。
 最近はネットで購入している模様(PC履歴)下着置き場チェック済(シロ
⑦その他、ガサ入れを行うも発見に至らず(シロ
付き合っているときから、妻の営みは積極的で激しかった。
だからこの変化は正直辛い。
過去、何回か話し合って、婦人科・カウンセリング等の提案をしたがすべて拒否。
「その気がなくなった…」そうだ。
4年前に浮キを疑い、興信所に素行調査(3週間)を依頼したが真っ白。
ただ興信所によると、もし奥様が浮キをしているならば
深く水面下に潜っている可能性大との忠告あり。
今、この忠告が身にしみる。
俺もそうだが、ケコーン指輪を普通は外さない。
ましてや外出程度では…このままの状態では俺が限界かも。
白であれ、黒であれ、指輪の一件で決着をつけようと思う。
携帯の名義人は俺。もちろん通話履歴はチェック済。
メールだが妻に気づかれないように
3日間のパケット使用量をチェックしている。
この数ヶ月、目だった凹凸はない。
ときには0の日もある(多いかも)
だから連絡手段に携帯を使っている可能性は低と考えた。
まっ、転送も考えてみる。
>>指輪外したのは、嫁がコンパにでも行ってたんだろ
コンパも考えました。
部下の既女に聞いたから…「指輪を外すときは?」って。
答えのいくつかに入っていましたので。
当日は突然、一人で買い物に行きたいって。
しかも日曜日に一人で出かけるのは数年ぶり。
ほとんど家にいるし俺とゴルフだったりするから…
それに帰宅時間も4時半ごろ。コンパにしては中途半端な気がする。
ただ買い物量は少なかったです。
夜、タバコを買いに出たついでに探偵君と連絡を取りました。
(以前お世話になった興信所の方)
もちろん公衆電話から。
探偵君は覚えてくれていて、近況の報告と再調査をお願いしました。
「直感ですが、奥さんはクロだと思います。隙がなさすぎる…」
「慎重な行動が常態化しているのであれば、こちらもそれなりの準備が必要です」
「とりあえずPCのCドライブ以外と
 考えの及ばない場所を徹底的に調べてください」とのこと。
今週、金曜日か土曜日に作戦会議です。
これからは粘り強く慎重に、かつスピーディにケリをつけに行きます。
父は愛人作って、借金残して、俺と母を捨てた。小学生のとき…
借金は親戚が何とかしたみたいだけど超貧乏生活だった。
母は一日中働いて、夜中も内職してた。
今思えば、あれって10個くらいやっても1円ほどだよ。
それを毎晩々…遅くまで。
だから高校生三年間は俺も母を助けたくて新聞配達して頑張った。
朝刊と夕刊配って3万ほどだったと思う。
冬は寒かったし、雨も辛かった。
小遣いだけ引いて残りは母に渡して…
それを毎月手渡すとき涙流すんだよな…母が「ごめんね」って。
大学も諦めてたけど、母が通帳持ってきて「これで行きなさい」って。
俺の給料そのまま貯めてやんの、それに毎月少しずつ足して…
服、買えば良かったのに、たまには化粧でもすりゃ良かったのに。
美味しいものでも食べりゃよかったのに…本当、親って馬鹿だよな。
これ書いてて涙でちゃったよ。
俺って馬鹿だ、ホントティッシュもねえよ、この部屋。
そんな思いをしてるから、人一倍、家族を裏切る行為は許せないんだろうな。
シタ側は、ごめんなさいで済むと思ってるけど。
サレ側の心はズタズタだからな。
完シロだった場合は(婚姻を継続しがたい重大な事由)として弁護士の門を叩こうと思ってる。
第三者を入れて、半レス原因を炙り出すつもり。
昨日から書き込み始めて、折れかけた心に闘争心が戻ってきたようだ。
結婚生活の中で浮キを問い詰めたり、
疑っていることを露にしたことは一度もありません。
4年前の調査がバレていなければ、俺が疑惑を持っていたことすら知らないと思います。
それ以降も、そんな素振りも見せませんでしたから。
拒否られたあとも「俺が辛いから…」みたいな感じで話はしましたので。
もっとも妻は無視でしたが…探偵君との打合せが土曜日(夜)に決まりました。
いよいよ長い戦いが始まるようです。
辿り着く先が、驚きの真っ白なのか暗黒星雲なのかは
わかりませんが最後の戦いにするつもりです。
妻擁護のご意見も多いようですが、俺を半レスにする理由があるはずです。
探偵君との打合せ終了。
正式に妻の素行調査を依頼しました。
今回は前回の反省を踏まえて、24時間体制での監視です。
探偵君の準備があるので火曜日から、期間は一応3ヶ月。
妻に動きがあれば、その時点で浮キ調査に移行。
それとPCチェックはストップ。
自宅内ICレコーダー設置は見送り。
携帯電話は、日々調査員の報告と通話履歴との矛盾をチェックするのみ。
明日、弁護士に会う予定。
それと土曜日昼から妻が妻友たちとG練習、
その間にPCの専門家が妻PCのチェックをやってくれる。
今日の妻は外出先で携帯通話3回、メール1回。
通話時間・メール履歴との照合結果はいずれも妻友…よってシロ。
今日、女弁護士に会ってきた。
呆れてたよ…興信所使ってることにw
「普通はクロが決まって、証拠押さえるのに使うのっ!」
「それに今の状態だったらサッサとリ婚できたのに…」って。
もっとも俺の考えをしっかりと説明したら、女弁護士納得。
来春のリ婚までお願いしたので、ザックリだけど手付け(着手金)は払っておいた。
女弁護士ニッコり…弁護士稼業もビジネスだからね。これで相談し易くなった。
それで今日はチョットしたことがあった。
俺はPCメールで探偵君からの報告をチェックしてるわけ。
今日の妻はエアロビのあと、駅前のケーキ屋で商品を購入してる。
んで、夕食の後、待てど暮らせどケーキのケの字もでてこない。
さり気なく冷蔵庫を見ても、それらしき物もない。もちろん妻には聞けない。
つまり、買ったのは自分の分だけだったみたい。
たまに俺も同じとこで買うけど、ちゃんと二人分だけどな…。
小さなことが見えてくると、改めて心の中を垣間見たような気がしたな。
覚悟はしてたけどね…
たまたま一人で食べたくなった…と思いたいけど。
本日、妻と相手との会話を録音することができました。長い道のりだった…
決定的なキーワードはなかったもののグレー以上の関係と推測。
明日も連絡するようなので、引き続き録音準備はしています。
とりあえず、今日の録音で分かったこと。
相手は男。(妻が相手のことを○○さんと男の名前で呼んでいた)
相手は海外在住(妻が帰国予定を聞いていた)
10月帰国時に、2回会っていた。次回帰国予定は12月。
近日中に帰国時期が判明するらしい。
簡単な時系列
14日(日)
6:00 俺ゴルフ 家出る
7:28 妻家出る 自転車10分 公園内公衆電話BOX
          相手と繋がらない様子。3回掛け直し、そのまま帰宅
          動画撮影成功・録音なし
以後、行動に不審点なし
夕方、探偵君から連絡。前線本部で動画確認。今後の打合せ。
電話BOXにICレコーダー設置決定。
15日(月)
7:00 俺、家出る(仕事)
7:17 妻、電話BOXへ。昨日と同じく、相手と繋がらず帰宅。
     動画撮影成功・録音なし    
     以後、不審な行動なし。
16日(火)
7:00 俺、家出る(仕事)
7:21 妻、家出る。電話BOXへ
     「心配したのよぉ〜何回も電話したんだから…」から始まり
     「じゃ、また明日電話するね。愛してるわ、おやすみぃぃ〜」
     で終わる、22分の会話録音と動画撮影に成功。
あれ以降、3回の会話録音ができた。
クリスマス休暇に男が帰国し、妻と逢うことまではわかった(日時未定)
それと電話番号についてだが、探偵君はしっかりと初回で調べていた。
俺に詳細を教えることで、妻と男の接点をあれこれ嗅ぎ廻り
感ずかれるのが嫌だったみたい。だから敢えて教えなかった…だそうだ。
動きがあったので…
妻がトラップに掛かり、レストランとホテルをネット予約したので突入決定!
半レス状態5年、指輪の一件から半年。長かったぁぁぁ〜〜
あとは営みの痕跡をきっちりと押えるだけ。(宿泊施設でないので…)
それと男について、面白いネタを掴んでいるので
慰謝料と精神面で相当追い込めそう。
二人とも血祭りにあげるつもり。
過去にも書いたが、妻は子供が産めない体なんだ。
それはいいとして、二人で仲良く暮らそうなって決めたわけ。
それと義両親も時の人になっていて、妻は一人っ子だから天涯孤独なわけ。
結婚後、義母が脳梗塞で倒れたときもちゃんと家で面倒もみた。
だから家には義両親の仏壇もある。
夫、家族として出来る限りのことはしてきた。
だからこそ裏切りは許せないんだろうな。
電話までは何とか持ちこたえてたが、ホテルの予約で完全に心が折れた。
折れた心が、今度は凶器になった…ってところか。
本人に聞かないとわからんが偽造結婚ではないとは思う。
男は妻が独身時代にフ倫関係にあった
20歳ほど年上の男性だと思われる(海外住み、地域確認)
つまり、元彼と復活しちゃった…ってパターンが濃厚(探偵君調査より推測)
来春、男にあるイベント(今は書けない)があって、その後リ婚するみたい。
男のリ婚後、俺とリ婚する予定だったようだ。
理由は俺の長期にわたるレスだって…www
もっとも妻に言わせれば日本のリ婚調停は女に甘いらしく
先手必勝、泣き叫んで訴えればほぼ満額慰謝料は取れるらしい。(会話録音より)
女弁も呆れてた。ここからはスピード勝負。
「合法的にはやるが、ボーダーの場合でも一気にやる」…と女弁には伝えてある。
男に関するネタだが、今は書けないので申しわけない。
探偵君が細部を調査中で、はっきり言ってボーダーを超えているから。
俺もそこまではやりたくないが、まぁある意味、間男制裁の保険みたいなもんで。
間接的に妻も苦しむだろうから。
自分たちのしてきたことを悔やめばいいと思う。
女弁もしっかりとフォローはするが、聞かなかったこと…になってる。
今日、上司にすべての事情を話して辞表を預けてきた。
もしものときは会社に迷惑をかけるわけにいかんからな。
愛着のある会社だから…
もっとも上司は「守ってやるから、気の済むまでやれ…」って、涙が出たよ。
まぁ「虎穴に入らずんば…」で、刺し違える覚悟で突入するわ。
生涯とか、そんなんじゃないから。間男が訴えれば…ってことな。
それと辞表について…
間男が自供すればサシでネタについての話をする。(ビデオ撮影)
言葉は選ぶつもりだが、間男の取り方によっては恐喝になる可能性があるってこと。
だから予め上司に報告をして、辞表を預けておいた。こんな感じ…
今日、妻が美容院に行った。
「髪型、変えたの?」
(探偵君のメールで事前にわかってたが)
「そう、貴方(俺)の好みかも、と思ったから…」
電話で間男に
「髪型変えて、いつもと違う雰囲気のわたしを食べさせてあげる…」
って話してたろ。わかってんだよ!
それと風邪気味で眠りが浅くなってるって言ったんだけど「出張、大丈夫?」だって。
体調の心配くらいしろよな。まっ、あと数日ラリってろ。地獄見せたるから。
俺の考え方が変わってきてるんだよ。
当初は八ダカで叩き出すつもりはなかったから。
男の影が見えた時点で、僅かでも財産分与を持たせてやって…とも考えてた。
男としちゃ悔しいが、半レスの理由がわかればよかったから…
しかしここまで馬鹿にされたら、最低限の持ち物だけで放り出すしかないだろう。
だから営みの痕跡にこだわるわけ。
もっともすんなり認めれば、痕跡を押さえる必要はなし。
宿泊したのは軽率だったが、そういう関係ではないと認めなければ
ベットの毛髪、ティッシュ、妻の使用済み下着…
あらゆるものを押さえるように、女弁からは指示されてる。
それらを然るべき機関で鑑定してもらい
客観的事実を携えて調停・裁判に臨むつもり。
予定では、今日仕事が終わったら出張先に直行ってことになってる。
Xデーまで温泉地にひきこもる。次にくるのはたぶん凸後。
 
突入成功!妻、半狂乱。マ男、ネタ爆裂に涙の土下座。
妻が落ち着いたらホテルより撤収予定。
汚嫁(これからこう書く)が友人宅に引き取られ
ちょっと落ち着いたんで簡単に時系列にして書くな。
・日曜日、汚嫁と間男はゴルフ→レストラン→ホテルと予定通りの行動
・7:15ごろ、朝食に出てきたところを突入 (斜め向いの部屋で待機)
・汚嫁は「軽率だけど、そういう関係じゃない。説明させて欲しい」の一点張り
・間男は終止高圧的な態度
 「こんな乱暴なやり方は気に入らんね!出るとこに出てもいいぞ!」
・招き入れた探偵君たち(三名)たちが次々と物を抑えてゆき
 ベットからおもちゃとシーツに染みを発見(使用直後)
・妻がフ倫を認め陥落。やや半狂乱に…
・相変わらず高圧的な間男に、娘の婚約者の父親が
 俺の知り合いだと告げると態度が一変。土下座して誤りモードへ
・汚嫁が「娘さんは関係ないでしょ…」と俺に詰め寄る
・さらに追討ちをかける。
 「○○さんよ、会社の金使い込んでんだろ」
 「バレたら刑務所確定だぞ」で完全陥落。間男の震えが止まらなくなる。
 「汚嫁以外にも女がいるな。○○さんもよくやるよな」と続けると…
・汚嫁「何よそれ!」と間男に詰め寄り、ちょっとした修羅場。
 汚嫁完全に半狂乱。ここで強制退出。
・間男とサシで話し合い。
 汚嫁とのことと娘さんの結婚、会社に対する裏切り行為は
 分けては考えたいが、〇〇さんの誠意次第では
 すべて白日の元にさらす用意があることを明確に告げる。
・間男、土下座をし涙を流しながら「〇〇さんの怒りはごもっとも」
 「誠心誠意、納得のいく示談をさせていただきたい。どうかこのことだけは…」
・ってことで、一両日中に女弁と連絡をとり、誠意ある示談内容を示すこと。
 赴任地に戻るまでに大筋合意したい旨を告げると、間男了承。
・免許書、社員証のコピーと名刺を数枚いただき、女弁の名刺を渡してお帰りいただく。
・部屋を出て、廊下を真っ直ぐに歩けない間男。
 探偵君の部下が付き添って消えていく。
・別室に行くと汚嫁は半狂乱。「リ婚しないで…一生かけて償いた…」
 「娘さんは関係ない…」、とテンプレ通りの内容。
・自宅に連れ帰りリ婚届と賃貸契約の委任状にサインをさせ
 友人妻に連れられて自宅から退去。
 もうこのマンションに帰ることはないだろう。
以上がザットの流れ。朝から何にも喰ってないんで出かけるわ。
汚嫁からの電話とメールが凄い。俺名義なんで明日解約決定。
さっき女弁から連絡あり。
間男の代理人(弁護士)から挨拶と正式に交渉のテーブルに付きたい旨の連絡があった。
ただ赴任地への帰国前という期間は短過ぎるので
考慮してほしいとのこと。これには女弁同意。
女弁からは、今朝のホテルでのやり取りは
脅迫・恐喝事案として扱わないことを念押し。
これには相手弁、同意。ってことで俺は一安心。
そういうことなんで今後はプロ同士の交渉になる。
弁、つけてくれた方が交渉しやすいと思ってる。
そもそも俺のスタートは金じゃないから。
汚嫁にしてもキッチリと半レスにされた理由を突きとめて叩き出せるし
間男も相当精神的に追い込んだろう。
弁に頼んだことで本気度がわかる。
仮に数千万要求しても、間男にも限界があるだろうし。
それより相場プラスαでもプロ同士が決めてくれたら
キッチリと支払うだろう。あとは女弁の腕に任せる。
それに俺としてはサッサとけりをつけて
次の一歩を踏み出したい。これが本音。
 
今日、汚嫁の荷物引越しと自宅鍵の交換が終了。
明日、叔父夫婦に証人をお願いしてたリ婚届が届く予定なので、即提出予定。
あっそうだ。昨日、女弁が汚嫁に会ってる。
間男との過去や電話録音、ホテルでの事実関係をいろいろ聞いたみたい。
ってことで、弁同士も進んでる感じ。こんなとこかな…
それと汚嫁と間男の関係について、
友妻が報告してくれたことを箇条書きにしてみる。
・関係は入社二年目ごろから(汚嫁24歳)間男からのアプローチ
・リ婚するので、僕を信じてほしい。
 汚嫁も初めての男ということもありズルズルと関係を続ける。
・数年後、間男が依願退職。日本はせますぎるらしく起業のため間男は海外へ。
・徐々に疎遠となり、ほぼ自然消滅。
・その後、俺と出会い結婚。結婚一年目に間男から突然連絡。
・「君は待っていれくれると信じていたのに…」
 と言われ三ヶ月くらいランチデートを続ける。
・俺が出張で留守したときに、再び二人は結ばれ、お花畑の世界へ
・会社も軌道に乗り、何不自由のない生活を送れるので
 ついてきてほしい。旦那とはリ婚してくれ。
・汚嫁曰く「主人には申し訳なかったけど好きだったから」
 「でも愛しているのは主人。それは信じてほしい」
 
だそうだwww。
因みに間男のスペック
・前会社(金融機関)では金の不祥事が発覚。
 上司の取り計らいで依願退職扱い。(探偵君の調査)
・現在は中堅の貿易関係の会社。肩書きは部長。
 想像だが年収は1000万あたりか…
友妻によれば、ほとんど食事をとらないのと
眠れないみたいでかなり窶れた様子。
とにかく、俺と会って謝罪と再構築の話がしたいみたい。
って今日でお別れなのに…w
もっとも女弁からはある程度話し合いが纏まるまでは
会わないように言われているので、完無視継続中。
ちなみに前の携帯は解約したので、
新しい携帯番号からしつこくかかってくる。もちろん着信拒否。
たぶん今日、明日中には新居に移動になると思う。
それと仏壇は丁重に運んでもらったよ。
もちろん義両親には線香をあげ、キチンと謝罪をして。
俺と結婚する二年くらい前に、子宮筋腫が原因で子宮全摘出手術を受けてる。
もちろん若いし相当悩んだみたい。
お互いに結婚を意識し始めた時に、汚嫁から話をしてくれた。
俺も悩んだけど、惚れてたし、それもありかなってことですべて引き受けることに。
お袋も「すべての夫婦に子どもがいるわけじゃない…」と了解してくれて。
チョット寂しそうだったけど。
ただ結婚の挨拶に嫁実家に行ったとき、
義母が「こんな娘で申しわけない…」と土下座をしたのが印象的だった。
病気だから、誰のせいでもないのにね。
だからこの件は間男は関係ないみたい。カルテまでは見てないが…
結婚してからも一言もそれに関して言ったことはないよ。
むしろ適度な運動は欠かさないのがいいみたいだから
エアロビ・ゴルフ等、割りと自由にさせてたところはある。
体が冷えると相当辛いようなのでフローリングも全面床暖房に代えたくらいだから…
取り敢えずはこんなところだろうか。
俺の携帯を変えるのは全く思考になかった。
まぁ徐々に電話もメールも減ってくるだろうし…
このままお互いにフェードアウトできれば…とは思ってる。
汚嫁の病気について…
人それぞれ病状も違うだろうし、9年前と今とじゃ医療技術も当然違うだろうし。
話を聞いたときは非常にデリケートな問題だったんで重く受け止めた。
まさか「なんで子宮を残さなかったの?」とは聞けるはずもないしな。
医師の判断、本人と家族の決断、悩みと葛藤がそれぞれにあっただろうし。
だから今回の件とは切り離して考えてる。
まぁ考えてみりゃ可哀想な女だけどなぁ。
それと友妻から連絡があって、汚嫁は今日新居に移動した。
友妻からは「一度だけ会ってやってくれないかなぁ…」と頼まれたが
女弁のこともあるんで「上手く、言っておいて…」と
逆にお願いしておいた。ホント、迷惑かけてるな。
それとリ婚届けはまだ届いてない。
ってことで、今夜は野郎ばかりで久しぶりに弾けてくるわぁ。最近、心が重いから…
 
あれからいろんなことがあり、仕事もバタバタしてたんで書き込めなかった。
チョコットだけ整理して報告する。
<汚嫁>
先週土曜日にお袋がリ婚届を持って突然上京。
30分ほど俺に罵詈雑言を浴びせて、汚嫁を大阪に連れて帰った。
ったく、わけがわからん。俺はしばらくパニック状態。
現在、大阪の実家と思われる。TEL連絡がつかない状況。
<女弁>
交渉は順調。具体的な金額提示は納得のいく額。
さらに上積み予定。一括か分割かで調整中。
来月中旬にでも交渉成立の見込み。
相手弁によると間男は相当落ち込んでいる様子。早期解決を希望。
現在は赴任地へ帰国。
罵詈雑言の内容も書くと恐ろしく長くなるので簡単に…
・浮キをしたことと身寄りのない○○ちゃんを八ダカ同然で叩き出すのとは別の話。
・義母が亡くなる直前に「実の娘も同然、安心してほしい」と約束した。
 だから実家に連れて帰る。
・こんな仕打ちができるお前は犬猫以下のクズ。息子ではない。
 縁を切る。二度と実家の敷居は跨ぐな。
こんなところ。書いてて腹が立ってきた。
今日から会社が休みなんで、急ぎ大阪に帰ってお袋と話をしてくるわ。
一応決着したのでサクっと報告します。
元妻だが、年末に叔父に入ってもらい4人で長時間の話し合い。
お袋は再構築を願ってたけど、俺は無理だからと突っぱねて…(これの繰り返し)
最終的には叔父のアドバイスを加味しながら以下の覚書を女弁に作成してもらう。
これに署名捺印し双方にて保管、一件落着。もちろんリ婚届けは提出済み。
1、夫婦の共有財産はすべて夫側の所有分とする。
2、慰謝料請求は放棄する。
3、リ婚成立後は旧姓を名乗ること。
4、本年3月31日までに現居住マンション(住所)より退去すること。
※3、お袋と元妻とは歳の離れた友人ってことで俺が了承。
 旧姓を名乗らせるのはケジメのため。
 4、ホテル突入後、元妻の荷物を移動させるために借りた賃貸マンション(俺名義)
次に間男。こちらはいたってスムーズに落着。完全に白旗状態。
「知り得た事実については一切公表しない…」
という文言があるのであまり書けないけど、一応、慰謝料は相場の3倍強。
1月31日を期限としてるので、女弁の事務所に振込まれるだろう。…でなければ即裁判。
それと使い込みの件は八ッタリ。
金の不祥事は再犯率が高いんので探偵君と盛り上がってアドリブでやった。
ビデオチェックした女弁にはこっ酷く叱られたけど…
もっとも本線はフ倫関係の長さと悪質さで一方的に押しまくったみたい。
相手弁がノラリクラリするようであれば、
慰謝料が減額になっても裁判で決着をつけるってことは女弁に伝えてあったので…。
間男も娘の婚約者実家に知れたら大変だろうから。(これは事実)
ってことで報告はこんなとこ。
あれから3ヶ月…気団の皆さんには本当にお世話になった。
ここに書き込むだけで、どれだけ心が楽になったか。ありがとな。