義両親『お世辞にも自慢の娘とは言えないが、是非娘を頼みたい』親友『やめとけマジで、あいつはヤバい』俺にベッタリな嫁がかわいくて『俺が一生守ってやる!』と思っていたが・・・後に親友の忠告が現実になる。。

嫁とは大学時代からの付き合いで、付き合い1年+結婚2年
嫁(25)はいわゆるくっそメンヘラで常にかわいそうな自分に酔ってるタイプ
リス力もそりゃもうしょっちゅうやってた
仕事中も、午前中だけで毎日10通は欠かさずメールが来るぐらい
でも俺(26)は、俺にベッタリで依存しまくってる嫁がそりゃもうかわいくて
「俺っちが一生守るでよwwwwwww」
とか思ったりもしたもんだった
正直俺はアホだった
大学時代から嫁はメンヘラク/ソ遊び女で有名だった
経験人数は3桁はいってないだろうが50人はいってそうだった
何でそんなのと付き合って結婚したのかと言われると
俺も脳がお花畑スイーツでやられてたからだとしか言えん
今になってみると昔の自分が全く理解できない
ただ当時は「俺君しかいないの!!」といって頼ってきて甘えてきて
依存してべったりな嫁がどうしてもかわいくてしょうがなかった
まぁ俺が非モテのゴミヲタだからかもしれんが
俺がこの子を守るとかこんなに慕ってくれるこいつを幸せにしようとか実にお花畑だった
初めて義両親にご挨拶に行ったとき、義両親からは
「年をとってから産んだ子で、お世辞にも自慢の娘とは言えないが
 それでも私たちにとってはかわいい娘」
「俺君のおかげで大人になったようで本当にうれしい、是非娘を頼みたい」
って言われて舞い上がりまくってたのもある
ちなみにその日、俺は注がれるままに酒を飲み
酔いつぶれて朝起きたら嫁実家の庭の畑で寝ていた
親友はずっと俺に「やめとけマジでやめとけ、あいつはヤバい」と
何度も忠告してくれたが、バ力でアホでDTの俺は
「大丈夫wwwww覚悟のwww上さーwwwww」と取り合わなかった
エイズとか病気はなかった
持ってたらさすがに俺も目が覚めてたと思う
説明忘れてたが、俺には小学校からの親友が2人いる
1人は福山雅治似のク/ソイケメン野郎
こいつは
「俺の経験上、あの女はマジで絶対にやばいアウトすぎる」
「寺生まれのTさんもネ果足で逃げ出すレベル」と
俺に何度も何度も忠告してくれた
まあこいつを仮に福山とする
基本的に嫁は、一緒にいれば俺にずっとベッタリだった
トイレにいけばトイレにもついてくる
流石に中までは入ってこないが、ドアの外で待ってることもあった
風呂にもくっついてきた
嫁「私の体汚れてるから・・・」
俺「そんなことないよ」
嫁「手首も傷だらけで醜い・・・」
俺「そんなことないよ」
ここまでが毎晩のセックルまでの事前挨拶、様式美みたいなもんだ
大学の授業中やバイト中なんかはずっとメールがきてた
LINEを入れてからは、授業寝て起きるとトーク20とかザラ
付き合い当初から、嫁には変なクセがあった
クセというか習性というか
基本的には誰か他人とべったりいたがる
大体は俺だが、たまに「私は一人の時間がないと自分を保てない」らしく
携帯も電源切ってどっかで一人で過ごす時間があった
大学時代はもともと別居だったから気にもならなかった
結婚してからは、一晩でかけたり数時間出かけたり
まぁ今にして思うと、あの時間が浮キタイムだったんだと思う
間との関係は学生時代のマッチング系からスタートしてたから
嫁は押しに弱いというか求められると断れないタイプだった
というか求められれば誰でも喜ぶタイプとも言えるかもしれない
だが、自分からもいい男がいれば誘う、福山も誘われてた
結婚前から、福山ともう1人と俺でよく飲んでた
そこに各自彼女つれてきたりもしてた
まぁ俺は嫁以外は連れて行ったことはなかったが
そこで、福山は嫁からアドレス聞かれたらしい
「彼氏の友達だから仲良くしたい」って
もう1人も聞かれてるがそいつはまだ後
行為はすごかったマジで野獣だった
3回はしないと嫁は納まらなかった
結婚前の最後の男3人のみの時、福山が俺に言った
「お前には悪いが、嫁は絶対にやばいと俺は思う」
「納得いかないとは思うが何か対策はとれ」
結局、嫁には個人用のパソコンを持たせない約束にした
つまり夫婦共有の愛のパソコン君だ
リ婚の時にはこいつのおかげで助かったマジで
嫁の、定期的に一人になる病は結婚しても変わらなかった
どころか、たまに俺の知らないパーティやらゲームのオフやらに顔を出してた
ずっと専業主婦じゃストレスもたまるだろうし
外に目を向けるのは悪いことやないだろうと思った俺は
特にうるさくはいわなかった
もう1人の親友からのタレコミがあるまでは
ある日、福山ともう1人の親友からタレコミがった
「お前の嫁さんが知らん男と腕組んだりチューしてるのを見た」
俺のかわいい嫁wwwwwたんwwwwがwwww
そんなwww遊び女なwwwwはずはないwwwwww
そう思った俺は思わずそいつを問い詰めた
そいつは東山紀之に似たヲタだ
こいつを仮に東山とする
東山が彼女とデートで行ったロックフェス?に嫁がいたらしい
知らんおっさんと二人でイチャイチャと
そんな馬鹿な、と思ったが
福山も東山も顔は恥ずべきイケメンだが中身は真なるイケメン共
頭を抱える俺に、福山が提案した
「興信所を使おう」
信頼を金で買えるなら、と思った俺は福山に乗った
興信所に調査を依頼することになったが
それでもアホな俺は気が進まなかった
結婚って絆を結んだ人を疑うなんて><
とク/ソバ力アホボケカスDTの俺は思ってた
正直調査依頼までしたのは「福山と東山の顔をたてよう」ぐらいに思ったからだった
んでまぁ、お試しと思って1週間頼むことにしたんだ
その次の週に出張があって、2泊3日で家をあける予定があったから
一週間興信所に調査を依頼した結果wwwwwwwwwwww
出るわ出るわ、嫁と間(34)のおてて繋ぎシーンやら
駐車中の車内でのキスだの飲食店でのアーン☆だの
俺の出張日は2日とも間が俺の家に泊まってた
結果を受け取った俺は信じられなくて
もう涙もゲロもとまらなくてどうしようもなかった
泣いて吐いて思った
なぜ俺がこんな目にあわなければいけないのか
俺が今まで嫁に冷たくしてたのか?違う
いやどこか俺にも反省できるところがあったのか?
いやそうじゃない、そもそも浮キされてるのに
なんで俺が自分を責めなきゃいけないんだ
そうだ おれは しょうきに もどった!!
正気に戻った俺は思った
嫁と、間を考えられる限りのこの世のドン底に叩き落してやりたい
俺の心にはもうそれしかなくなった
それまでは、学生時代から変わらず「俺が幸せにしなきゃ!」と
思っていたがそんなものは一瞬で消えた
その時はやっぱ頭おかしかったんだと思うが
なんか自分の腹の辺りで「ボキッ」ってきれいな音がしたんだよ
あー心って本当に音がして折れるんだ、と思った
それからは、スーッと嫁への気持ちが消えていって
「ああ、俺は復讐しよう」って思った
これは最後に嫁にもビビられたんだが
お前らの中に浮キしてるやつがいたらもうやめろ
俺はどっちかといわなくても気弱でオタでアホだった
だが浮キがわかってからは自分でも豹変したって言えるぐらい
嫁には怒りと憎しみしかわいてこなかった
浮キなんてバレたら、本人なり本人の友達なりが手伝って絶対に地獄に落とされる
復讐を決意した俺は、福山と東山に頭を下げた
福山ほどじゃないが、東山も結婚前からずっと俺に
「嫁はヤバい、やめとけ」と何度も言ってくれた
俺は涙と鼻水でグショグショになりながら謝った
福山はバーバリーのいいスーツ
東山はなんかしらんが高そうな服着てたが
2人のオサレ服は俺の涙と鼻水でビロビロにしてやった
俺は自分で持ってた個人資産を全部はたいてやるつもりだった
間の身元は1週間の調査で解ってたので
嫁と間にそれぞれ別に調査をつけてもらった
弁は東山が会社の顧問だかなんかのツテで紹介してくれた
「独身の金の使い道のなさを見せてやるwwwwwww」
と言ってくれて、弁の分は東山がもってくれた
福山が「俺の言った通りだったろう、お前の嫁」
「ここは俺を信じてみろ、絶対に間以外にも男がいるはずだ」
「そっちも吊り上げてやろう」と言ってので
間以外の男を調査するのにも調査をつけた
ちなみにこっちの調査費は福山が持ってくれた
「独身のry」
顔もイケメンのくせに心もイケメン
俺にはこいつらに対する憎しみも生まれたがまぁそれはいい
もちろん俺は調査員にも弁にもこういった
「金なら出せるだけ出す、俺はとにかくあいつらを地獄に叩き落したい、お願いします」と
弁は東山のことをよく知ってるみたいで
「大丈夫です、費用が足りなければ東山が出してくれると聞いてますのでw」と言ってくれた
弁もイケメンだった
イケメン爆ぜるべき慈悲はない
それからは、俺は必タヒで普段通りに生活した
嫁はただの汚物にしか見えなかったので
行為は辛すぎたが、やめるとバレると思った
だが流石に今までみたいな頻度でやるのはつらい週0〜2くらいに減った
朝起きて仕事いって帰ってきてゲロはいて汚物に耐えて寝る、正直辛かった
だがそれもこれも、復讐のためだと思えば何ともなかった
むしろ今まで騙されていた時のことを思った時が苦しかった
俺は暗い復讐を胸にひたすら耐え続けた
証拠を集める段階で、結婚当初に福山の進めで
夫婦共用で1台買ったパソコンが役立った
アホな嫁は個人用のメールに消しもせんと
マッチング系だの間とのラリメールだのを大量に残していた
間とはホテルにはいかないようで決定的な写真は取れなかった
やはり行為に繋がる決定的な証拠?
があるのとないのでは、武器の強さも全く違うらしい
どのぐらい違うのか弁に聞いたところ
エクスカリパーとエクスカリバーぐらい違うと言われた
わかりやすかった
その間も嫁は変わらず俺に
「俺くん・・・私汚れてるよね><」
「俺くん・・・私の体傷だらけで恥ずかしい><」と風呂ではのたまってた
俺は心底
「真性ゲロ汚物がwwwwwあたりめーだろwwwwwwww
 ドブ以下の臭いがプンプンするぜwwwwwwwwwwww」
「そのまま○んでほしいwwwwwwwwwwwwwほしいよーwwwwwww」
と叫んでやりたかったが堪えた
そして家にカメラを設置した
嫁のメールのやり取り、興信所が掴んだ証拠の数々
あ、ここには間以外の男とのホテルはあった
こいつらも後で俺に追い込まれることになる
家での猿のような間と嫁の行為
俺の復讐のためのアイテムが日々たまっていくのはどこか面白くもあった
コツコツゲームでレベル上げしてる感じだ
ネトゲやったことあるやつならレアアイテム集めでもいい
初めて間と嫁の行為動画を確認した時は福山と東山は俺を心配していたが、俺は何ともなかった
むしろ笑いがこみ上げてくるぐらいだった
夢の国のアイツみたいに笑ってたと思う
1ヶ月弱で必要な証拠は十分に集まった
んで、後はいつタヒ刑宣告するかという段階になって俺は一つの案を思いついた
行為の現場に突入してとっ捕まえてやる、と思ったんだ
でも、それには可能な限り逃げ道をふさぎたいと思った
まず義両親に説明しにいった
義両親は、腰が弱いから辛いだろうに凄い勢いで土下座して
「申し訳なかった!!本当に申し訳ない!!求められることはなんでもする」
「俺君は私達にもよくしてくれた、本当の息子だと思っている」
「あんなのはもう私達の娘でもなんでもない、なんでも協力させてほしい」といってくれた
俺は時代劇と将棋が好きだったので
義父とよく一緒にやってたのがよかったのかもしれん
あと義母はイケメンが好きで、東山と福山をつれていくとよくご機嫌になっていた
ちなみに義父はシネマ映画の親分みたいなシブイじじいだ
んで、次に間嫁に説明しにいった
間嫁はキリッとしたきれいなお姉さんだった
なんでこんな美人の嫁がいて浮キするのか俺にはサッパリ理解できない
間は最初から最後まで意味不明だったが
間嫁さんは最初は神妙に聞いていた
「薄々覚悟はしていました・・・」イケメンすぎ
でもやっぱりこみ上げるものはあったみたいで途中から声をおさえて泣いていた
弁と東山が支えてた、俺はキョドってた、福山はゲームしてた
最後に自分の両親にも説明した
電話に出たのは母親だったが煎餅食いながら
「フーンまぁしてほしいことあったら言いなさいよ、じゃ勝手によろしく」といわれて切られた
その日の夜、親父からは野球のチケットとったったwwwwというLINEがきた
そういや大学時代、嫁にレポート写させてやった時にも言われたな
「俺くんの書く文章は読みやすいよね!」って
アホな俺は舞い上がって、それを仕事にしようと思ったもんだ
今はそんなク/ソ嫁のアホさを、お前らに楽しんでもらえるのがうれしい
よーしがんばって続き書いちゃうぞーwwwwwwwwwwwwwwww
現行犯逮捕作戦だが、週末に空出張して行うことにした
今まで俺の出張日は100%間が来ていたからだ
会社の上司に事情を説明し、頭を下げた
「どうしても2日間の有給がほしい、お願いします」と
上司の返事はこうだった
「あ、そう?いいよあ、あとお前の嫁って俺も結婚式出たじゃん!」
「俺にも慰謝料とってきて!焼肉いこうぜ!」
俺は泣いた、泣いたら横から先輩に写真撮られたのでそそくさと退社した
 決行当日
俺・福山・弁・間嫁さんで張りこみした
東山は朝だけ外せない会議があるから、と後から合流してくれることになった
こいつらには本当に頭が上がらない
間嫁さんから、間が今日有給を取ったことは確認済みだった
また、間のケータイメールから12時頃に来ることもわかっていた
間が着たら、最初は俺が一人で入る
で、俺が呼んだら3人が来る
俺に何かあれば待たずにすぐ入る、と取り決めておいた
11:30ぐらいかな、予定より早く間が到着した
間嫁さんは、間の姿を見てぽろぽろ泣いてた
後で聞いたが、散々証拠は見てたが
実際に動いてる間を見たらやっぱりこみ上げてしまったらしい
間嫁さんが過呼吸気味だったのでちょっと落ち着かせることに
30分ぐらいで間嫁さんも落ち着いたので、改めて作戦決行
うちはマンションだが、エレベーターだとなぜかバレる気がしたので階段を歩いて登った
家の前に着いた俺は、まずドアに耳をそばだてた
そしたらまぁビックリ!横の風呂場の小窓があいてて
そこからかすかにアンアンウホォン、アイシテルゥンと聞こえてくる
急いで鍵を開けた俺は、怒りに任せてドアを蹴りあけた
そしてついにご対面
ドアを蹴り開けて、寝室まで猛ダッシュ
寝室のドアも蹴りあけると、そこには真っ最中の男女が!
嫁は大また開いて、間男の背中に足を絡めてた
もうがっちりだいしゅきホールドだった
俺は色々考えてた最初の一言目とか、そういうのも全部真っ白になって絶叫した
二人は目が点になって固まってた
取り乱して殴りかかろうとしたが、
再起動した間男が灰皿投げてきて、俺はとっさに腕でガードしたがよろけた
よろけた隙に間男タックル!俺吹っ飛ぶ!
間男は野太い声で叫んでた
「んじゃコルゥウウウウアア!!!!オラアアア!!!」
俺はビビった、ビビったが何よりこいつを○してやると思った
その時なぜかドラえもんの顔が浮かんだ
やろうぶっ○してやる、と言ってるあのシーンだ
だが、その時に声を聞きつけて福山と弁もすぐ入ってきた
間男は俺と、寝室の入り口に立つ福山達を見比べて
服も着ないで逃げようとしたのか、福山に向かってダッシュ!!
たぶん福山達を弾き飛ばしてとにかく逃げようとしたんだと思う
ヤバイ、追いかけなきゃと思ってあわてて俺は立ち上がった!
そこからはあんまりよく見えなかったが
福山がなんか構えをとって足を上げた
そしたら福山の足が消えて間男がその場でぶっ倒れた
もう足から一気に力抜けたみたいに、フッと崩れ落ちてた
突入時同様、みんな固まった
俺らも嫁もまたフリーズした
そこに間嫁さんが遅れて登場
弁が再起動し、まずK察と救急車を呼ぶことにした
灰皿投げられた俺の腕が真っ青になってたからだ
んで、なんやかんやあって検査して夜に自宅に戻ってきて再度集まることになった
メンバーは俺、嫁、弁、義両親、間嫁、福山、東山
福山と東山は別に関係ない
いやまぁなくもないんだが、普通にいた
K察がきて弁が事情を説明してくれた
間が襲い掛かってきたこと、福山が襲われたので防衛したこと
弁の説明のせいか、浮キって事情も話したせいか
K察の人は俺の肩を叩いて「がんばってくださいね」と言ってくれた
福山は特にお咎めはなかった
軽く事情聞かれて身元の確認があったぐらい
まず間違いなく福山が罪を問われることはない、と弁も言ってた
間男はとりあえず拘束
間嫁が引き取り拒否したのでその日は出てこれなかった
ちなみに俺の両親は呼びはしたが
母「今日はネトゲのイベントがあるから無理」
父「zzzzz」
だったので義両親だけが参戦した
義両親、とくに義父のキレっぷりはすごかった
家に来るなり嫁に猛ダッシュしてとび蹴りしてた
陸上競技かってぐらいキレイにダッシュからのとび蹴りだった
嫁も義父もぶっ飛ぶも、引きずり起こしてグーで嫁の顔面を殴りつけまくってた
俺はもっとやってくれwwwwと思ってたが
福山と東山がとめたのでストップして話し合いスタート
ちなみにこの時点で嫁は鼻血ダラダラ出して
普段の顔が見る影もないぐらいボコボコだった
後はもうテンプレだった
寂しかったの、本当に好きなのは俺君だけ云々
ちなみに嫁がなんか言う度に、東山が
「寂しかったら浮キwwwwwwwサルみたいwwwwww」
「違うのwwww何が違うのwwwwwお前の気かwwwキチ○イwwww」とずっと爆笑してた
俺も笑ったが弁には「ちょっと黙ってろw」といわれてた
間嫁さんもちょっと笑ってた
俺としてはもう再構築のつもりもない
ただリ婚と慰謝料の支払いだけを望む
嫁にも、間にも請求する
それから、俺には二度と近づくなと要求だけした
嫁はそれでも
「私が俺君を好きでいることは自由でしょ!?」
「どうしてお父さんたちも、私の幸せを邪魔しようとするの!?」
「俺君以外と幸せになんてなれない!!!!」と叫んでた
そのたびに嫁父に横からぶん殴られて黙らされてた
それでも嫁は「私は俺君と幸せになりたい!俺君を幸せにする!」と言ってきたので
俺も我慢できずに言い返した
「もうお前みたいな汚物を人間として見られないから、無理だ」
「俺は今後、お前と間男がどこまで不幸になってくれることだけが望み」
「お前の不幸を一生祈ってる」
嫁はファビョってた
東山は「メンヘラ遊び女の幸せwwwwwしあwwwわせーwwww」
「お手手のしわとしわをあわせれば幸せなんじゃねwwwwwwwww」と爆笑してた
なんでいるんだこいつ
後はサクッとしたもんだったよ
今後の連絡は全部弁にしてくれと
俺からの慰謝料請求は嫁200 間400
間には、灰皿の分を訴えない代わりの金も入ってる
後日、間とは話をしたが意味不明なこといってただけだった
例えば福山と東山に、
「お前らは大勢で人を陥れるクズだ、社会のゴミだ」
「生きてて恥ずかしくないのか、どうせ派遣だろう」って言ってた
福山は俺の1.5倍ぐらい稼いでるし
東山なんか超有名コンサルの戦士で俺より倍ぐらい稼いでる
そもそも俺より給料低い間の相手ではないというに
あとは「会社には言わないでほしい」って言ってた
「お前が捕まってる間にもう内容証明送った」といっといてやった
発狂してたが知らん
間嫁さんの協力で、間両親とも取り持ってもらって話し合いをした
間両親は極めて腰の低い人で、間の財産全部売り払って
足りない分は間両親も家と車を売ったり投資を解約したりしたようだ
月末に一括で支払われたよ
んで、ここからが後日談
嫁が遊んでたやつらにも個別に慰謝料請求してやった
全部示談ではした金だけどね
で、これがいけなかった
リ婚も終わって、嫁は義両親からも勘当されて追い出された
まだリ婚の傷もあって、夜に飲んで帰ってきたら、いた
2週間ぐらいしたある日、家の前に嫁が張り込んでた
しばらく見なかった嫁は、髪はボッサボサで服もよれててなんつーかすごい汚かった
あれから間にも見捨てられ、過去に関係持ってたやつらを頼るも
「既婚だったなんて知らなかった、こっちは慰謝料とられてんだ!」
「二度と連絡なんかしないでくれ!」といわれたらしい
「それもこれも、全部俺君のせい、なんで私をこんなに苦しめるの?」
といいながら嫁が近寄ってきたが反射的にヤバイ!!と思ってあわてて突き飛ばした
そしたら、嫁は手に隠して持ってた小さいナイフみたいなのを取り落とした
血の気が引いた
お前らはリ婚したら1ヶ月は、誰かと一緒にいるか
身元をちゃんとくらませたほうがいい
俺は先人の知恵からそこを学べなかった
結局、悲鳴上げて逃げる俺に「これは」と思った近所の人が気づいて通報してくれたらしく
嫁はそのままガシャーンしてった
俺に近寄らないって条項も破ってたんで追加の慰謝料も提示した
その後、俺は会社に異動願いを出した
今月から別支店勤務になり、引っ越した
間は間嫁とリ婚した
その後会社もクビになったそうで、今何してるのかは知らん
慰謝料は、俺にも間嫁さんにも、貯蓄と間両親のお金で払ったらしい
間両親監視の下、間両親への借金の返済が終わったら勘当する予定らしい
なんか地方のドカタタコ部屋?に突っ込んだって間両親がいってたから
たぶんもう現世には出てこれないと思う
>>間嫁さんとの展開報告よろ!
間嫁さんとの展開?
俺はとりあえず何もない、というか俺は彼女が別にいる
福山がちょっと仲良ぐらい
仲良いよなつったら「好みだから!」って言い切ってた
間嫁さんは照れたような困ったような大人っぽいかわいい笑いしてた
 
俺、福山、東山、間嫁さんの4人でいってきた
途中から間嫁さんの友達も合流して5人
間嫁さんの友達はなんか明るかった、おもろいお姉さんだった
事後報告つってもたいしたことじゃないけど
こっちは清算したし、引っ越したこと
元嫁実家とはまだ繋がりがあること
支払いは全て行われたことを報告した
間嫁さんのほうも、リ婚したこと、間実家からは縁切りを進められ連絡をとっていないこと
同じく支払いは終わってたこと
ちなみに間嫁さんのほうの弁護はこっちの弁の事務所の人がやったらしい
弁が紹介したそうだ
間は最後まで復縁したい、許してくれ、寂しかった、気の迷いだ
と喚いてたそうな、あのテンプレは男も言うんだな
間は学生時代から柔道をバリバリやってたらしく
間嫁さんは身の危険を感じたんで、弁+警官立会いだったらしい
そんなのをKOした福山ぱねえwwwwという話になった
確かに福山の蹴り?は凄かった
飲みの後何をやったのか見せてもらったんだが、普通の回し蹴りというらしい
回し蹴りって後ろにクルっとまわって踵でやるイメージだったがそうじゃないのな
まっすぐあげた足がしなってムチみたいになってた
そりゃ間も一発KOされるわ
間と間嫁さんの馴れ初めも聞いた
同じ職場の上司だったそうだ
女性にはだらしなかったが、社会人成り立ての間嫁さんにとっては
仕事もしっかりできて頼れる大人の男性という感じで魅力的に映ったそうだ
間は仕事に関してはそこそこだったらしい
ツラの皮があついというか、あの鈍感というかメンタルの頑丈さで
そこそこうまくやってたようだ
まぁ間の仕事も同業の金融系なんで一発解雇になったわけだが
ああそうだ書き忘れてた
なんで福山と東山がよくしてくれるのかだな
なれそめ?は小学校の同級生
福山の家は両親が仲悪かった
今でいうと、父親は厳格で厳しい医者
母親はどっちかっていうとギャルっぽい人だった
なんで仲悪かったらしく、毎日ケンカしてた
で、福山はあんまり家にいたくなかったらしい
いつも遊ぶ時は俺んちか外だった
子供ながらに福山が、自分の家を楽しくなさそうに思ってたのはわかってた
俺もガキだったし、福山と遊ぶのは面白いから
単に遊ぶ時間増えればいいぐらいに思ってこういった
「お前そんないやならうちにいればいいんじゃね、とまってけよ」
トーチャンカーチャンは昔からおおらかっつーか特に何も考えてないので
俺が「福山とめる」つったら「おう」で終わった
一応、福山家に「泊めます」って電話しようとはしたらしいが
留守だったんでめんどくさくなってやめたらしい
福山は喜んでた
俺はレゴ(当時はまってた)を作る労力を手に入れた!と思って喜んだ
それからは、福山はよくうちに泊まるようになった
毎日じゃ悪いってんで、毎日とはいかんかったが週2,3日くらいはいたと思う
そんなこんなで仲良くしてるうちに
福山としては、俺のことを「出来は悪いがいい兄弟」と
思うようになったらしい、というか思ってると言われた
まぁ確かに福山は、大学生になっても俺の家にとまりにきてた
ずっといすぎて兄弟みたいな感覚ってのはある
福山が今回出してくれたのは100万ちょいぐらいらしい
俺はめんたま飛び出してテンパってクレカを渡そうとした
「バ力野郎www」と笑われた
東山はよくわからんかった
「(俺)が困ったら手助けしてやろう」と思う出来事があったらしいんだが
さっさと潰れてたせいで聞き出せなかった
福山は知ってるらしいが「本人に聞けwwww」って教えてくれなかった